オナホールの気持ちいい使い方のコツと7つのテクニック

オナホールは購入したまま普通に使用しても気持ち良いのですが、少し使い方を工夫するだけで、より快楽を倍増させることができます。

今回はオナホール歴10年以上の私、オナニストけんが、オナホールをより気持ちよく使うテクニックの数々をご紹介いたします。

また、私が10年以上の使用の末たどり着いた「これさえやっておけばOK!」というオナホール使用テクニックもご紹介します!

オナホールを気持ちよく使うテクニック

オナホールをもっと気持ちよく使うためには、次の4点を追求していくことがポイントです。

  • 本物のセックスに近づける
  • ピストン運動以外の刺激
  • 他の部位への刺激と組み合わせる
  • 妄想しやすい工夫

この4点を追求していくことでどれだけ本物のセックスに近い興奮と感覚に持っていけるかどうかが大切です。

では、具体的にどのように4点を追求していくのか、そのテクニックをそれぞれご紹介いたします。

テクニック1:オナホールとローションを温める

オナホールをより気持ちよく使うテクニックとして一番王道と言われているのが、「オナホール、もしくはローションを温める」事です。

実際セックス中の女性の膣内温度は37度前後と体温よりも少し高めです。

挿入した時に「あったかくて気持ちいい!」と感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。

ちなみに私は、あの挿入した際の暖かくて柔らかいプールに飛び込んだ感覚がたまらなく好きです。

オナホール自体を、またローションを温める事によって、本物の挿入に近い感覚を再現することができます。

これがまた普通にオナホールを使うよりも、断然気持ちいいんです!

オナホールを使ったオナニーがマンネリ化して気持ちよくなくなってきた際には、このテクニックをぜひ利用してみる事をおすすめします。

もちろん、私オナニストけんも、毎回オナホールを使用する際にはオナホールを温めてから使います。

ぜひ、オナホールは人肌に温めてから使うようにしましょう!

詳しいオナホールの温め方は次の記事に記載してありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

オナホールを気持ちよく使う一番オーソドックスな方法が「オナホールを温める」もしくは「ローションを温める」という方法です。 女性の膣内温度は約37度程度と平熱より少し熱めです。 オナホールかローションを温める事によって、その温度感[…]

オナホールとローションの温め方と温める際の注意点

おすすめのオナホールの温め方

オナホールを温める方法は、お湯やコタツ、電気毛布、などいろいろ存在しますが、オナニストけんおすすめのオナホールの温め方は、オナホウォーマーを使ってオナホールを温めるやり方です。

お湯でじっくり温めるのが一番理想ですが、そこまで待っていられない場合には、この手っ取り早くオナホールを温めることができ、繰り返し温めなおすのも簡単なオナホウォーマーがおすすめです。

オナホウォーマーとは、次の写真のようにオナホールを温めるために作られたUSB式熱発生装置です。

USBに指すだけで、棒が人肌程度に発熱し、それをオナホールに差し込むだけでオナホールを温めることが可能です。(※オナホールにローションを入れてから入れましょう

お金は多少かかってしまいますが(約700〜2,000円程度)、何度でも使え、USBを差しっぱなしにすれば何度でもオナホールを温めなおす事が可能です。

一番手軽で長く温かさを楽しめるという点でおすすめです。

各オナホールメーカーがそれぞれオナホウォーマーを出していますが、その中でも「700円程度と安い」「中型オナホにも対応の長さ」という点でオナニストけんがおすすめしているのが、RENDSの「USB式簡易オナホウォーマ」です。

防滴仕様と水には強くなっておりローションがかかる程度は問題ありませんが、完全防水仕様でないため、ジャバジャバ水洗いすることはできませんが、除菌シートなどを使って綺麗に拭いて管理すればいいだけの事なので、水をかぶるような特殊な使い方をしない限り問題ありません。

コードも86.5cmあるので、それほど遠い位置でない限り問題なく使えます。

テクニック2:オナホールを固定して腰を動かす

オナホールを使用している方の大半がハンドオナニーと同じく、手でオナホールをピストンさせて使用していると思います。

そのため、オナホールを使用してもなかなかオナニーを自分でしている感が強く、マンネリ化してしまいやすくなります。

そんな時におすすめのテクニックが、腰振りオナニーです。

腰振りオナニーとは、オナホールを固定し、腰を振ってピストンするというオナニー手法の事です。

「手でピストンするのと、腰でピストンするの、どう違うの?」と思った方も多いと思いますが、手でピストンする場合と、腰振りでピストンする場合で気持ち良さが全然違います。

腰を降ることでより本物のセックスに挿入感を近づける事ができます。

腰を本物のセックス同様に振るので、手でやるより少し疲れるのがデメリットではありますが、このデメリットにも勝る気持ち良さがあります。

特に手でのオナニーがマンネリ化し、気持ちよくなくなってきた方にこそこの「腰振りオナニー」はおすすめします。

関連記事

ハンディタイプのオナホールが主流な中、密かに人気が急上昇中なのが据え置き型のオナホールです。 ここでは、据え置き型のオナホールとは一体どんなオナホールなのか、その特徴や魅力、使い方について詳しくご紹介いたします。 据え置き型オナホー[…]

オナニストけんも、2日に1度はこの腰振りオナニーを実践し、マンネリ化を防いでいます。

腰振りオナニーは次の2つの方法で行えます。

  • 普通のオナホールを固定して行う方法
  • エアダッチやダッチワイフ大型の据え置き型オナホールを使う方法

エアダッチや据え置き型オナホールは腰振り専用なので、そのままセックスと同様に使えば問題ありませんが、普通のオナホールを使う場合には「どうやって固定するか」が重要なポイントになります。

テクニック3:オナホールを横回転させ、刺激の方向を変える

オナホールでオナニーする際には、手で行う場合も、腰を振って行う場合も、上下のピストン運動でペニスを刺激します。

しかし、時にはそういったピストン運動の刺激に慣れ、気持ちよくなくなってしまう事があります。

そんな時には、オナホールを上下だけではなく、挿入したままぐるぐると横回転させてみましょう。

単一なピストン運動での刺激を与えるだけではなく、こういった横回転を加える事で違った刺激が生まれ、より気持ちよいオナニーになりますし、横回転で射精をするとまた違った気持ち良さが味わえます。

今お使いのオナホールを横回転させるだけの簡単な方法なので、ぜひピストン運動に飽き飽きしている方は試してみてください。

また、横回転の方がピストン運動よりもよりオナホールの内部構造の刺激がペニスに伝わりやすくなります。

そのため、オナニストけんとしては、横回転オナニーをするなら、内部構造の刺激が強い高刺激オナホールを使うのがおすすめです。

次の記事にて、高刺激オナホールについて詳しく解説しておりますので、より気持ちの良い横回転オナホールオナニーを楽しみたい方は次の記事をご覧ください。

関連記事

せっかく買ったオナホールが使ってみると刺激が弱くって使い物にならないなんてことはありませんか? そんな方のために本記事では、厳選したおすすめの高刺激のオナホールをご紹介します。 強刺激オナホールの特徴と種類 高刺激オナホールといっ[…]

IMG

おすすめの次世代回転オナホール「A10サイクロンSA」

少し値ははりますが、オナニストけんが横回転オナニーをするならおすすめしたいのが、この電動オナホール「A10サイクロンSA」です。

回転運動に特化した電動オナホールで、今まで体験したことのない横回転の刺激をこれでもかというぐらいに味わえます。

VR機材と対応しており、動画連動機能までついており、動画に流れるAV女優の動きとシンクロしてオナホールが動いてくれるのも最大の魅力です。

より詳しく『A10サイクロンSA』について知りたい場合には、次の記事をご覧ください。

>>「最新の電動オナホール「A10サイクロンSA」の特徴と使い方」

蘇った回転オナホール「回転注意」

お手頃価格で回転オナニーを楽しみたい方には、「扇風機オナニー」で有名だった『ヘキサゴン』の復刻版『回転注意』です。

ピラミットイボが特徴的な内部構造であり、それが回転のたびにペニスを刺激します。

回転オナニーがすごく気持ち良いという「回転オナニー対応」仕様のオナホールです。

回転オナニーではなく、ちゃんとピストンオナニーにも対応できます。

※扇風機や回転器具へ取り付けての使用は大変危険なのでやめましょう。

テクニック4:オナホールの動きに緩急を加える

基本的にオナホールを早く動かすほど、強い刺激になります。

一方でゆっくり動かすほど、弱い刺激になります。

一見、早くオナホールを動かし強い刺激をペニスに与えた方が気持ち良さそうに見えますが、それは大きな間違いです。

早く動かすと確かにペニスは強く刺激されますが刺激は単調になってしまいます。

そのため、オナホールにペニスを挿入するスピードを早くするだけではなく、時にはゆっくり抜き差しすることで緩急をつけましょう。

こうすることで刺激に緩急が付き、よりオナニーが気持ちよくなります。

オナニストけんおすすめの方法は、イク寸前で一度とめ、あとはゆっくりと抜き差しをする方法です。

刺激が一気にまったりとしたものに変わるため、非常に気持ちの良いオナニーをすることができます。

これは、オナホールを持っている方であればすぐ実践できる方法なので、ぜひやってみてください。

テクニック5:アナルオナニー器具と併用する

アナルオナニーは、「前立腺オナニー」ともいい、アナルにある前立線を刺激することで快感を味わうオナニー方法です。

「ドライオーガズム」と呼ばれる、射精を伴わずにイクと言った快感を味わえるオナニーの事です。

女性のイクを男性が体験する事ができるオナニー方法として近年話題を集めています。

前立腺オナニーは興奮度合いなど精神的にリラックスしている状態でなければできなかったり、時間をかけてアナルをほぐす作業が必要になったりと、非常に難易度が高いため、アナルオナニー専門の指南書やエネマグラなどのアナル責めグッズも多数市販されています。

オナニストけんも以前自分でアナルオナニーに挑戦しましたが、アナルをほぐすという作業が難しく、またむず痒く、自分一人ではうまくできませんでした。

個人的にもしアナルオナニーをやりたいという場合には、一度ドライオーガズムのサービスを行なっている風俗で一度サービスを受けて、アナルオナニーの要領を得てから行うのがおすすめです。(※90分以上ないときついので、3万2,000円ぐらいの大きな出費でしたが・・・)

オナニストけんは、ここで一度アナル開発を行なってから、自宅でスムーズにエネマグラを使ったアナルオナニーが自分でできるようになりました。

今ではアナルオナニーとオナホールのオナニーを併用することでオナニーをするのにハマっています。

めちゃくちゃ気持ちいいので、これはやめられません!

少し上級テクニックですが、一度開発が成功すれば、めちゃくちゃおすすめのテクニックです!

ちょっと準備や片付けなどに時間がかかりすぎるという難点はありますが・・・(笑)

アナル責めの真骨頂「エネマグラ」

アナル責めのサポートアイテムとして一番有名なのが「エネマグラ」です。

元々「エネマグラ」は男性の前立腺肥大を治療するために考えられた医療用具でした。

医者が男性のアナルに指を入れ、前立腺液の排出を促す方法がありましたが、それを自分でもできるようにと開発された医療器具です。

男性の性感帯である前立腺を刺激する事は、治療がどうでも良くなるほどの快楽を産むという事から、オナニー道具の一つとして知名度が上がってきたという訳です。

使い方もパッと見ではわからないぐらい複雑な形をしていますが、もしアナルオナニーを併用しようと考えているのであれば、アナル責めのアイテムとして、まずはこのエネマグラを入手しましょう。

一度風俗でエネマグラをプロに使ってもらってから・・・という手順が私個人的にはおすすめです!

テクニック6:乳首責め器具と併用する

男性の中では乳首を触られたり、舐められたりするのが好きという方もいらっしゃると思います。

乳首を攻める方法でおすすめなのが、次の2つの方法です。

  • 片手にローションを塗り乳首を刺激する
  • ローターを乳首にあてる

このように、自分でいじっているのに他の人にいじられているような錯覚を引き起こすようなローションやローターなどのアイテムを活用するのがオナニーにはおすすめです。

また、次のように乳首責め用のアイテムも存在しますので、そちらを活用するのも有りです。

高品乳首責め器具「U.F.O.SA」

乳首責めの真骨頂と言われる器具が『U.F.O.SA』です。

自分の胸につけることで、全自動で乳首を責めてくれるという優れものです。

まるで乳首を舐められている錯覚に陥ると言われています。

こちらも動画との連動もでき、バーチャルな体験をできるという意味では次世代のオナニー器具の1つと言えるでしょう。

男性だけでなく女性にも着用できるため、彼女とのSEXにも使えて、自分のオナニー時にも使える、乳首責め好きな男性にとっては便利すぎるアイテムと言えます。

テクニック7:コンドームを着用する

オナホールを使ったオナニーをする際にコンドームを着用する事で、より本物のセックスをしている感覚に近くなり、興奮度が増します。

オナホールは気持ち良さの面ではマイナスだと思われがちですが、オナホールオナニーの場合には、よりセックスに近い感覚になるという意味で、気持ち良さを倍増させる1つのテクニックとして知られています。

オナニーもセックスと同様に自分がどれだけリラックスし、興奮できるかどうかが気持ち良さに大きく関わってくる要素です。

こういった一手間こそが、オナホールオナニーをより本物のセックスの感覚に近づけ、去らなく気持ち良さをもたらしてくれるのです。

テクニック8:VRゴーグルを併用する

女性に比べて、男性は視覚で興奮する生き物です。

女性は妄想などでオナニーする人が多いのに対し、男性は「オカズ」と呼ばれる視覚的興奮を使ってオナニーを行うことが多いという事からも、男性にとってオナニー時の視覚的刺激が重要かを物語っています。

そのため、視覚的な刺激をより強くしてあげることにより、同じオナホールであっても気持ちよく使うことができるようになるのです。

近年話題のVRはそんな視覚的刺激を高めるのに最適なアイテムと言えます。

VRゴーグルを使いAVを流しながらオナホールオナニーを行うことで、より臨場感のある興奮の中でオナニーをすることができます。

VRゴーグルは高いイメージがありますが、スマホをそのまま画面として使用できるタイプであればほんの数千円です。

まだVRゴーグルを使ったオナニーを体験したことが無い人は、まずは安めの価格のVRゴーグルで試してみるのがおすすめです。

セックスだけではなく、オナニーもマンネリ化する・・・

いかがでしたか?

セックスもマンネリ化するように、オナニーも同じ単調なやり方ではマンネリ化してしまいます。

「なんか今日は作業のようなオナニーだったな・・・」本当は気持ち良いはずなのに、そう思ってしまう日もあると思います。

そんな時こそ、今回ご紹介したようなオナホールオナニーの7つのテクニックを使って、より気持ちよく、そしてより刺激的なオナニーを楽しんでみてください。