長身爆乳!AV女優、凛音とうかさんのオナホール全種類まとめ

165cmという長身と、98cmのIカップ爆乳で人気のAV女優、凛音とうかさん。

本記事では、そんな凛音とうかさんのオナホールについて全種類をピックアップ。その特徴や詳細について詳しく解説いたします。

凛音とうかってどんなAV女優?特徴は?

凛音とうかさんは、2018年にデビューを果たしたAV女優さんです。

デビュー作は、「新人 NO.1STYLE ドリームIcupボディ 凛音とうか 27歳-結婚直前-決意 AVデビュー」。

その最大の魅力は、あのルパン三世の峰不二子とほとんど同じ3サイズということです。凛音とうかさんの3サイズはB98cm、W58cm、H90cm、まさにリアル峰不二子の肉体を持つAV女優として、デビュー当初から注目されていました。

また凛音とうかさんはどことなく大人の妖艶さが漂う女優さんで、人妻モノのAV作品への出演が多いのが特徴。またその他、痴女や近親相姦、誘惑モノなど、大人な雰囲気を活かした作品も多いです。

プレイもかなりねっとりとした濃厚なものが多く、得意な体位はスパイダー騎乗位というぐらいSっ気のあるプレイが魅力。

2020年に所属事務所の退所と一時活動休止を発表していましたが、2021年7月からAV作品の販売などが再開されたため、発表こそしていないもののAV女優としての活動を再開されたと考えられています。

凛音とうかのオナホール全種類まとめ

凛音とうかさんのオナホールは2021年12月現在、1種類が販売されています。

【1】FOXY HOLE Plus -フォクシー ホール プラス- 凛音とうか

KMPプレミアムホールシリーズと並んで、女優系オナホールの人気シリーズとなっている「FOXY HOLE Plus」。その凛音とうかさんバージョンです。

全長は13.3cm、重量は270gとコンパクトなサイズ感でありながら、まるで本物かと思ってしまうぐらいリアルで生々しいおま◯こ造形が施されているのが特徴。小ぶりな小陰唇のビラビラの左右の大きさやヨレ方が微妙に違うことなどかなり細かい点まで再現されています。

また、オナホールの穴の内部には、外側とは違いまったりとやわらかい素材を使っている二層構造なため、挿入感はなかなかまったりしていて本物の女性器のよう。

穴の内部はヒダをもつ芋虫突起が上下左右から飛び出しており、それらをかき分けながら挿入していく構造で、まったりした挿入感ながら、しっかり刺激が分かり気持ち良く抜ける仕様になっています。

それでいて1,000円代で購入できるというコスパのよさも、このオナホールの魅力と言えるでしょう。

FOXY HOLE Plus -フォクシー ホール プラス- 凛音とうか
の現在の価格を見る

※どのお店で買うのが良いのかが分からない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

凛音とうかのオナホールで抜こう!

凛音とうかさんは一時的に活動を休止したものの、活動を事実上再開していると考えられます。そのため今後新しい凛音とうかさんのオナホールが販売される可能性も十分に考えられます。

個人的には、コスパの高いオナホールはもちろんですが、ハイクオリティかつ500g以上の重量があり、肉厚をしっかり感じられる、凛音とうかさんの大人の妖艶さ、生々しさ、を100%再現した肉厚たっぷりのオナホールを作ってもらいたいところ。

2021年人気売れ筋おすすめオナホールランキングTOP20
記事を見る
2021年人気売れ筋おすすめオナホールランキングTOP20
記事を見る