【フェラ好き必見!】おすすめフェラホールランキングTOP10

フェラホールとは、その名の通り、フェラをしている感覚が味わえるオナホールです。

唇や、歯や舌、のどちんこ、などリアルな女性の口をかたどった造形と、ヴァギナをかたどった普通のオナホールとは少し違った挿入感が特徴です。

2014年3月にマジックアイズが「真実の口」で行った業界初の歯付きギミックに始まり、今では下顎と上顎の骨格が埋め込まれたものや、口の開き方が自由自在に変えられるもの、そして女性の頭全体を再現してしまったものまで、実に100種類以上のフェラホールが存在します。

ここでは、そんなフェラホールの中でも特に人気が高いものをランキング形式でご紹介いたします。

オナニストけん
フェラホールが初めてという方は、最初の1本はまずは売れ筋から探すのが失敗しない最大のコツなので、参考にしてみてください。
Amazon、FANZA、NLS、エムズ、大魔王など大手アダルト通販のランキングを参考に作成しています。

【1位】真実の口

おそらくフェラホールの中で一番有名なのがマジックアイズの「真実の口」です。

2014年3月の販売以降ロングセラーとなっており、アダルト通販のフェラホールのランキングや売れ筋には必ずと言っていいほど掲載されているフェラホールです。

今では「真実の口」の派生シリーズとして、「真実の口アマガミ」や「真実の口ぺろりん」など様々なフェラホールも販売されている不動のNO1フェラホールです。

最大の特徴は、とにかくリアルな口の造形と、気持ち良さという実用性も兼ね備えた内部構造です。

ABS樹脂でペニスに当たっても痛くない、程よい硬さを備えた上下の歯と、口の粘膜のねっとりした感じを表現した多層構造で、とにかく見た目がリアルです。

オナニストけん
はじめてみた時の衝撃はすごかったです。歯がついていてここまでリアルに口中を再現したオナホールはかつて無かったので、「一体どんな挿入感だろう?」とワクワクしたものです。

しかし、この「真実の口」がすごいのはリアルな造形だけではなく、「オナホールとしてもちゃんと気持ちよい構造になっている」という点です。

リアルさを追求しすぎると逆にペニスに加わる刺激がまったりになり、イケないという人も出てきてしまいます。

しかしこの「真実の口」は、ペニスが舌で擦られる感じや、程よい硬さの歯が当たってくる絶妙な異物感、喉奥で肉をかき分けながら挿入する内部構造でしっかりとペニスが刺激され、ちゃんと気持ちよくイケる作りになっている点が素晴らしい点です。

フェラホールとしてのリアルさと、オナホールとしての気持ち良さを兼ね備えたNO1フェラホールと言えるでしょう。

オナニストけん
ただ、基本的に挿入時に歯が当たってくるので、「下手くそなフェラ」って感じで好みは別れるかもしれません。もし歯が当たるのが気になるのであれば、歯が当たらないような口の開き方が調整できる「極選フェラDX小島由菜」のような可動式フェラホールもあるので、そちらを試してみるのも良いかもしれません。もしくは歯をハサミで取り除き抜歯するという荒技もあります。実際、フェラホールは基本的に歯のあるものは挿入時に歯があたりますし、痛くはないけど気になるという方は実は多いです。そのためフェラホール自体があまり好きではないという人もいらっしゃいます。僕は歯のあたる異物感がたまらない派なので良いですが、ここは正直個人の好みの問題なので、フェラホールを使ってみなければわかりません。フェラホールが初めての人はまず、「真実の口」を買って使ってみて、気持ちよかったら他のフェラホールへ、気持ちよくなかったらフェラホール以外へ、という試金石に使ってみるのがおすすめです!

【2位】真実の口おちょぼ口mini

フェラホール界で一番有名なマジックアイズの「真実の口」シリーズの第四弾。

初代「真実の口」の廉価版として作られた商品で、価格も1,000円代とかなり安め。

ちょっとロリ系の小ぶりな口元の造形が特徴的な可愛いフェラホールです。

単純に「真実の口」よりもサイズと穴が小さくなった仕様なので、挿入した感じは初代の「真実の口」とそれほど大きく変わりませんが、歯がモロに当たる点が全く異なります。

挿入中にバンバン当たってくるので、歯が当たる異物感が好きという人はハマる商品だと思いますが、歯が当たる異物感が好きではないという人や気になるという人にはお勧めできないフェラホールです。

オナニストけん
「真実の口」も挿入中、歯は当たるので「下手くそなフェラ」という感じですが、この「真実の口おちょぼ口mini」はわざと当ててるんじゃないかぐらいの「下手くそすぎるフェラ」という感じなのでちょっと好みは割れるかもしれません。しかし、フェラホールにおいて歯があたるのは醍醐味とも言えるので、だからこそ「真実の口おちょぼ口mini」は人気なのかもしれません!

【3位】真実の口ぺろりん

「真実の口ぺろりん」はマジックアイズの「真実の口」シリーズの第三弾。

最大の特徴が、口からペロッと出た舌をはじめとするリアルな造形と、喉奥に仕掛けられた喉輪締めの内部構造です。

オナニストけん
初代「真実の口」から比べると喉奥が狭くなっており、より締まりがよくなった感じがします。イマラチオ感が増している感じです。また、このフェラホールの最大の特徴でもあるペロッと口から出た舌は、挿入時に裏筋を心地よく包み込んでくれて、下の歯が当たらない分初代に比べると歯の刺激が少し弱め。(まぁ・・・弱めと言っても上の歯が当たるから歯の異物感が気になる人は気になると思います)そのため、ちょっと挿入感が初代とは違い新鮮でした。口から舌が出ているので、単純にその舌で裏筋をぺろぺろと舐めさせる感じで使ってみるのもおすすめです。

【4位】真実の口アマガミ

「真実の口アマガミ」はマジックアイズ「真実の口」シリーズの第二弾。

まさに「アマガミ」という名前の通り、初代「真実の口」に比べて表面、内部構造、歯といった全ての素材が柔らかくなったのが最大の特徴です。

素材が柔らかくなった分、刺激はまったりとねっとりしているので、「歯が当たる異物感が気になる」という方などにおすすめのフェラホールです。

内部構造は初代と構造自体は変わっていませんが、柔らかくなった分よりねっとりとペニスに絡みついてきます。

オナニストけん
僕は結構まったり系のオナホールが好きなので、こういうまったりフェラホールも好きです。そうは言っても歯は当たってくるので、歯の異物感はどうしてもあります。歯の感触がダメな人は抜歯するしかありません。

刺激自体は少しまったり目なので、ゆる系オナホールユーザーであればこのフェラホールがおすすめです。

【5位】NUPU(ヌプ)

NUPU(ヌプ)はONDO!(オンド)の販売するフェラとヴァギナが両方味わえる貫通型のオナホールです。

綺麗なピンク色の唇に、程よい硬さの歯と、柔らかい舌とリアルな造形になっています。

シリコン臭いやベタつきはかなり少なめと言って良いです。

最大の特徴は、「リアルなフェラのような挿入感」が楽しめる点です。

フェラホールと言っても口の中にはしっかりとペニスに刺激が加わるように構造物が作り込まれていることが多いですが、このNUPU(ヌプ)は特に目立った構造物がなく、シンプルに喉奥にあるのどちんこと下側からの突起がペニスを上下から刺激します。

そのシンプルさがかえって「リアルなフェラ感を味わえる」と高い評価を得ています。

また、もともと穴が狭い設計なのと、喉奥に埋め込まれたシリコンリングによってキュッと穴が締まっている事もあり、貫通型の弱点であるバキューム感を感じる事ができるのもこのNUPU(ヌプ)の優秀な点です。

オナニストけん
ただ、穴が狭く、挿入時に歯ががっつり当たります。僕は好きな刺激ですが、歯が当たるのが気になるという方は抜歯して使った方が良いと思います。

フェラに飽きたら、ひっくり返してヴァギナ側の穴の違った挿入感を楽しむことができるというのもお得感があって良いと思います。

オナニストけん
こういう色物っぽいオナホールはハズレが非常に多いのですが、NUPU(ヌプ)はフェラ側、ヴァギナ側どちらもちゃんと使えて、ちゃんと気持ちよく、また貫通型の弱点であるバキューム感をシリコンリングで補ったり、片方からのローション漏れがないように20cmと片方に挿入しても片方からペニスが出ない長さになっていたり、臭いやベタつきが無い素材だったり、所々に工夫が凝らされており、非常にバランス感の優れたオナホールだなぁと思いました。

フェラホール初心者のみならず、オナホール初心者の人が買う最初の1本としても良いフェラホールだと思います。

【6位】激フェラ バキューム AIKA

「激フェラバキュームAIKA」は、2017年スカパー大賞女優賞を受賞した黒ギャルAV女優のAIKAをモデルに作られたフェラホールです。

メーカーは老舗オナホメーカーのNPG。

「リアルな造形を作らせたらこのオナホメーカーの右に出るものはいない!」と思わせてくれるほどに見事な生々しく卑猥な口元造形が最大の特徴です。

ほっぺの頬骨の凹みと言い、ぱっくりと空いた口と言い、Uの字に曲がった舌と言い、AIKAがペニスをズズズと思いっきり吸っているような光景が目に浮かぶ造形です。

オナニストけん
男性は視覚で興奮する生き物なので、このように、まるで本当にAIKAがバキュームフェラをしてくれているかのような妄想を掻き立てる「見た目」が意外とオナホールにおいて重要だったりするんです!

使い心地は、素材が柔らかめなので舌やイボ、ヒダといった構造の刺激はあまり感じず、まったり系の刺激。

かえってそれが「リアルなフェラ感」を彷彿とさせ、本当のフェラのように徐々に高まっていく射精感が楽しめる一本です。

AIKAファンはもちろんの事、少しまったりした刺激が好きな方や、人工的な刺激ではなくリアルなフェラの感覚が楽しみたい人はおすすめです。

オナニストけん
リアルなフェラって、実はオナホールのような人工的な突起物とかイボとかヒダとかないので、実際はまったり系の刺激ですからね。本物志向のオナホールを作らせたらNPGの右に出るものはいないと思います。本物志向の人はこのオナホがおすすめです。ただ、一点だけ残念なのが、AIKAは色黒なのに、このフェラホールは色白なんですよね・・・(笑)

【7位】極選フェラ あやみ旬果

「極選フェラあやみ旬果」は、エンジョイトイズの代表的フェラホールです。

あやみ旬果は2014年にDMMアワード2014で最優秀女優賞ゴールドを受賞した元AV女優です。

2019年3月31日に惜しまれつつ引退してしまいましたが、今でも根強い人気を誇ります。

そんなあやみ旬果の口内をそのまま忠実に再現し切ったのがこのフェラホールの最大の特徴です。

オナニストけん
口をパカっと開いてみると、普通の人間の口の中を見ているようで、歯医者さんになった気分になります。(笑)それぐらいリアルに再現し切っています。ここまで再現し切ったのは本当に見事としか言いようがないです。見た目のリアルさで言ったら、トップクラスの卑猥さです。見た目はフェラそのものですからね(笑)

また、このフェラホールは口の開き具合を自由に調整できるフェイスシフトギミックになっており、歯の当たり具合を自由に調整することができます。

そのため歯の当たり具合が気になりやすい人におすすめのフェラホールと言えます。

使用感は、手前がリアルなフェラの感覚で、奥側にいけばいくほどヒダやイボなど多彩な内部構造がペニスを刺激し、快感性能も十分備えています。

少し値段は高めですが、造形のリアルさ、快感性能共にフェラホールの中でもトップクラスなので、買って損はないと思います。

あやみ旬果さんのファンはもちろん、フェラホール好きな方も満足させる匠の一品です。

【8位】ローリングフェラボンバー

ローリングフェラボンバーは、NPGの一風変わったフェラホールです。

なんと舌を電動でぐるぐると回転させることができるフェラホールなのです。

女性が口の中でペニスを舐め回している感覚が楽しめる面白い一本。

オナニストけん
こういう面白アイデアオナホールにはハズレも多いのですが、このローリングフェラボンバーはめちゃくちゃ気持ちいいんです。

電動であるがゆえにすごく乱暴な刺激がくるかと思いきや、舌が絶妙なソフトタッチでペニスの周りを回転し、本当に舐められている感じがします。

歯はないですが、見た目もある程度リアルですし、挿入感もかなりリアルな口に近い感覚。

なんとも、電動フェラホールの中ではかなり高評価を得ている一品です。

オナニストけん
奥までペニスをズボッと入れるのも良いですが、舌が回らなくなるので(笑)、先っぽだけをちょっと入れて鬼頭と裏筋の部分を中心にガンガン攻めるのが個人的なおすすめの使い方です。

【9位】MAGICFACE2 ゆきかぜエディション

「MAGICFACE2ゆきかぜエディション」は、PPPの女性の頭を丸ごと再現した大型のフェラホールです。

高さ23.5cm、重さが約3.1kgとトップクラスにサイズが大ききなフェラホールです。

特徴は、人気のエロアニメ『対魔忍ユキカゼ』のユキカゼの頭部を再現した「見た目」のエロさと、圧倒的な臨場感です。

オナニストけん
首から上だけだとなんか不気味・・・と思われるかもしれませんが、アニメのキャラクターですし、色もリアルに塗られておらず一色なのでそれほど不気味には感じません。ちょうど良い作り物感を狙った感じの絶妙さが、上手いなぁと思いました。

約3.1kgもあるため、普通のフェラホールのように手で上下させるのは難しく、床やベッドなどに据え置いて、腰を振りピストンしてプレイします。

床に据え置いた頭部の頭を抑えながら、腰を振って口にズボズボと入れる様は、陵辱感もあって、見た目が妄想をどんどん掻き立てられます。

オナニストけん
頭の中には自立できるように頭蓋骨パーツが埋め込まれており、安定感は抜群です。数キロ以上の大型据え置きオナホールでは安定感を出すためにこのように骨格パーツを入れるのは定番となっています。

一方で、フェラホールのように歯や舌などリアル志向な構造は一切なく、口の中はしっかりと刺激が加わるオナホールのような構造になっているのも特徴です。

オナニストけん
不思議と大型オナホールって見た目がエロいからなのか、本当のセックスと同じように腰振りでピストンするからなのか、内部構造がリアルか人工的かに関わらずリアルに感じてしまってあんまりこの辺りの内部構造は気にならなかったんですよね。

また、喉奥のさらに奥は2又構造になっており、ピストンする際に空気がジュボジュボと抜けていく音が鳴るようになっており、これがまた本当にフェラを無理やり強要しているようで妄想を駆り立てます。

オナニストけん:口の中は全然フェラホールっぽくはないですが、ここまで大きいとめちゃくちゃリアルなフェラプレイ感が出るんだなぁと感じた1品です。

【10位】キャンディフェイス

キャンディフェイスは、トイズサカイが販売している、こちらも女性の頭を丸ごと再現した大型のフェラホールです。

「お口ダッチワイフ」というコンセプトの通り、女性のリアルな頭部が再現されています。

オナニストけん
MAGIC FACE2ゆきかぜエディションと比べると、ちょっとリアルで不気味な気もしますが、色が塗られていないのでさほど問題は無いと思います。

高さが24.5kg、重量が約3.6kgと、こちらもトップクラスのサイズを誇るフェラホールです。

最大の特徴はなんと言っても、頭型のフェラホールでしか得られない「フェラの臨場感」です。

骨格パーツなどは特に入っていないので、自立はせず、使用時にボヨンボヨンと揺れたり顔が歪んだりします。

口の中は舌のみで特にこれと言った構造物はなく、無次元加工のようなざらついた肉壁と喉奥(なぜか穴が下ではなく、上に向かっている不思議)のヒダのみで構造はとってもシンプルです。

しかし、かえって「リアルなフェラ感」があるので、意外と普通にフェラホールとしては優秀な1品と言えます。

オナニストけん
やはりこれだけの重量があるので、ボヨンボヨンという安定感のなさと、なんか見た目の不気味さがさすがに気になりますが、使用感はまったり系で快感が徐々に高まっていく感じで使い心地はよかったです。