女性器を超えた快感!RIDEJAPANのヴァージンループシリーズとは?

オナホールを使う方は普通のオナニーの刺激では満足できなく、日々新し刺激や快感を追及していたりします。

そんなオナニーの玄人とも言えるオナホールファンの方々に注目されているが、ヴァージンループシリーズというタイプのオナホールです。

この記事ではそんな大人気のヴァージンループシリーズについて、特徴や魅力などを解説していきたいと思います。

[toc]

ヴァージンループシリーズとは?

ヴァージンループシリーズはRIDEJAPANという会社が開発したオナホで、オナホールを極めたい&今までにない新しいものを作りたいというコンセプトのもと作られました。

ヴァージンループシリーズの最大の特徴は四重(クローバー)螺旋と呼ばれる、細かいヒダが連続するゾリゾリゾーンがこの商品のウリで、まるでバキュームフェラの様な強い快感が得られる様になっています。

ヴァージンループ素材が固めだったり強い刺激を得れる様に中も狭めでゾリゾリしているので、最初はネットなどでも痛いとか使いにくいというレビューが多かったのですが、独自のは四重(クローバー)螺旋は使い慣れたら普通のオナホとは比べない快感を得れることがわかり、次第にその気持ち良さがネットで広がり今では累計200万個以上売れる大人気オナホとなりました。

RIDE JAPANってどんなメーカー?

RIDE JAPANは2011年に立ち上げられたメーカーで、当時オナホ―ルの業界をまだ15年程度でしたので、まだまだ面白い事ができるというコンセプトのもと、オナホ業界に革命を起こすべく誕生しました会社です。

RIDE JAPANが開発したオナホールは、まず「熟々」というベタベタ素材のオナホを作ったが、ベタベタ感の評判が悪かったのですぐさまパウダーが付いたものに改良した、新しいオナホを作るがそこまではヒットはしませんでした。

そこからはよりユーザーさん達の意見や感想に注目しつつ、とにかく今までにない新しいものを作ろうと、世界初のムービング構造のバンジーシェイクや、業界初の四重(クローバー)螺旋という構造の、ヴァージンループシリーズなどのヒット作を生み出すことに成功しました。

今でこそオナホ業界ではトップクラスのメーカーと言われていますが、最初からヒット商品を開発できたわけではなく失敗を繰り返して、常にユーザーの意見を取り入れ続けたことがヒット作を世に出せた所以と言えます。

ヴァージンループシリーズの特徴

ヴァージンループシリーズの最大の特徴は、四重(クローバー)螺旋という構造にあり、なんと挿入口が円ではなく四つ葉のクローバーの形になっている点にあります。

入口が円ではないので最初は挿入するまでに慣れが必要ですし、クローバー螺旋は通常のオナホールに比べて、縦ヒダのボコボコしているので、そのボコボコがオチンコの裏筋を刺激してくれて、通常のオナホールよりさらに強い刺激が味わえます。

強い刺激が味わえるのがメリットですが、その反面中の構造がぎっしりしてますし穴が狭いので、使い終わった後の洗いにくさはデメリットと言えます。

ヴァージンループシリーズのオナホールの口コミや評判

ヴァージンループシリーズの強い刺激を体験すると、あまりに気持ち良いので生身の女の子では満足できなく、彼女や嫁とSEXする気がおきなくなってしまった方もいるみたいです。

また、過去に何個か通常のおオナホールを使用した方は、ヴァージンループシリーズの挿入口の狭さや、中の狭い構造にも違和感がなく楽しめている方が多いですが、初めて使用する方にとっては挿入しにくかったり痛かったりなど、オナホを使い慣れてない方からは評価はあまりよくないです。

あとはオチンチンのサイズが明らかに大きい方にとっては、狭い挿入口と相性が悪く満足度が低い様です。

ヴァージンループシリーズは刺激が強い為、わりと短時間での射精が可能なので、夜にじっくりオナニーをするというよりは、時間のない朝にさくっと抜けるアイテムとして需要が高いみたいです。

ヴァージンループシリーズのオナホールはこんな人におすすめ

ヴァージンループシリーズは締め付けがきつめな上にヒダの高さが高いので、まったり優しい気持ち良さというよりは刺激の強い激しい快感を求めてる方に適しており、通常のオナホールで満足できなかったり物足りない方に向いていると思われます。

ただヴァージンループシリーズは見た目がややグロテクスで独特な外観をしていますし、所詮はオナホなので視覚的に興奮を楽しみたい方にはあまり向いていません。

なので見た目など関係なくシンプルにオチンコを挿入した時の気持ち良さを、追及したい方にオススメな商品と言えます。

口コミやレビューによると穴の中が狭い構造上痛くて使いにくいという声もありますが、ローションの量を増やしたりすることで痛みなく使用することができるみたいなので、少しオナホールを使い慣れた中級者以上や玄人の方に適したオナホとも言えます。

ヴァージンループシリーズ人気のオナホール

ヴァージンループ

現在の価格を見る

ヴァージンループの特徴は挿入口が四つ葉の形になっていて、挿入した時に本物のオマンコに入れた時のぬるっとした快感を得られる様になっており、高弾力で多少肉厚がありますので締め付けれれる感があり、まるでバキュームフェラの様な快感を得られるのが特徴です。

ただ中の構造をそんなにイボやゴツゴツした段差があるわけではないので、通常のオナホールの様な強い刺激はあんまり望めなかったりします。

また素材はバンジータッチ素材という耐久力に優れた素材を仕様しているので、繰り返し洗っても痛まないで長く使用できるのも、他の普通のオナホールとの違いでもあります。

ヴァージンループエイトロング

現在の価格を見る

ヴァージンループエイトロングはヴァージンループの改良型タイプで、まずサイズが長くなりヒダは業界初となる0.8mmの極細ヒダという構造になっています。

また前回のヴァージンループで入口が狭く挿入に苦戦していた方のことを考慮して、挿入口にローションを入れるポケットを作り挿入のハードルが一気に浅くなりました。

中の構造は前回4本のヒダ構造は倍の8本に増え、今回はそのヒダの中にドット加工されたイボイボが新しく搭載されました。

他のオナホールと違う点は業界初の0.8mmの極細ヒダにより、なめらかでしっとりとした新感覚の快感を得られることもありますが、挿入口にローションポケットやあえてロングサイズにして、挿入で苦戦したりサイズが大きい方でも楽しめる様に、ユーザーのことをしっかりと考えられて作られた点と言えるでしょう。

そして肉厚に関しては超が付くほど分厚い使用になっていますので、重量感があり本物の人間のオマンコに近い感覚が味わえたり、よりバキュームフェラ近い快感を得れるのが特徴と言えるでしょう。

ヴァージンループハード

現在の価格を見る

ヴァージンループハードはヴァージンループハード版タイプで、より強い刺激や快感を得たい方をターゲットに開発されました。

構造としてはヒダやイボに大きな変化はございませんが、その代わりに素材が圧倒的に硬めになったので、より強い締め付け感や刺激が得られる様にパワーアップしました。

通常のオナホールに比べてかなり弾力があるので、挿入はフル勃起させローションをたっぷりとつけて、ある程度力強く挿入させる必要はありますが、一度入れてしまえば射精時まで締め付け感の余韻がの残り、かなり締りのよいオマンコの感触が得られるのが特徴です。

強い独特の刺激がありますのでその刺激に慣れ過ぎてしまうと、もう通常のオナホールや女の人の体ではイケなくなってしまう危険性も秘めた商品です。

まとめ

いかがだったでしょうか?ヴァージンループハードはあまり知られてないオナホかもしれませんが、よくよく知ってみると通常のオナホールとはかなり差別化が図られた商品と言えます。

ただ全体的に挿入口が四つ葉で挿入しにくかったり、素材がハードで弾力があるので全くの初心者の方は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、既にいくつかのオナホを試して使い慣れている方や物足りない方にとっては魅力的な商品なはずなので、通常のオナホールに飽きた方は1度試してみると良いかもしれません。