加藤ののかのオナホールを全種類まとめ!特徴や口コミ・評判なども紹介

AV女優とヤッた妄想をかき立ててくれるオナニーアイテム。それが、AV女優系オナホールです。

本記事では、人気AV女優の加藤ののかさんのオナホールについて、全種類の特徴や口コミ、評判などについて丸っと紹介していきます。

加藤ののかって一体どんなAV女優?特徴は?

加藤ののかさんは、2016年4月にSOD(ソフト・オン・デマンド)に新卒として入社後、2017年に「加藤ももか」としてデビューを果たしたAV女優です。

それまでは副業的にAV女優をされていましたが、2018年にはSODを退社し、専業のAV女優になります。

その後AVだけではなく、歌手や映画などマルチに活動してきましたが、2021年の事務所移籍を期に、「加藤ももか」から「加藤ののか」に改名。

2021年現在もAV女優として、また役者として活躍されています。

加藤ののかさんの最大の魅力は、156cmのミニマムボディにDカップおっぱい、キュートなロリ系のルックス、そして何より「本当の社員からAV女優になった」というエピソードです。

「本当にエロに興味がある人なんだ」「演技でやっていないのかも・・・」「普段からエロいのか・・・」などこういうエピソードがあると男性としてはかなり妄想がかき立てられますよね。

加藤ののかのオナホール全種類まとめ

加藤ののかさんのオナホールは2021年現在、2種類が販売されています。

【1】オ・ン・ナ♀ざかり、ヤリ放題。加藤ももか

ジャパントイズの人気AV女優オナホールシリーズ「オ・ン・ナ♀ざかり、ヤリ放題。」の加藤ののかさんバージョンです。

全長21cm、重量385gというハンディオナホールとしてちょうど良いサイズ感で、「肌が綺麗」という加藤ののかさんの特徴に合わせて使用された「DIVA SKIN PREMIUM SOFT」という高級シリコン素材が使われているのが特徴です。

素材は柔らかめですが、表面がベタベタしておらず、シリコン特有の嫌なニオイもありません。

また、穴の内部は、まるでドリルのような見た目のヒダ付きスパイラル構造。穴の内部と外部の素材が異なる二層構造になっているので、挿入感はややまったり目ですが、オナニーが進み、感度が高くなってくるにつれてゾリゾリ感が強まり、気持ちよく射精できる一本と言えます。

造形は重視されておらず、穴に十字が切られているような感じになっています。その分使用感や気持ちよさは抜群なので、使用感や気持ちよさ重視の人におすすめです。

【2】FOXY HOLE Plus -フォクシー ホール プラス- 加藤ももか

AV女優系オナホールの人気シリーズ「FOXY HOLE」の加藤ののかさんバージョンです。

ロリ系美少女に似つかわしい全長13.3cmという短いオナホールで、重量は269g。

最大の特徴は、加藤ののかさんのロリ系のルックスを彷彿とさせる、おま◯この造形でしょう。小陰唇が短く小さいロリ仕様になっています。

穴の内部は、前半の小さいイボ、中盤のヒダ付きのスパイラル構造、膣奥の大きめイボという3段構造になっており、中盤のヒダ付きスパイラル構造がかなり良い仕事をします。

二層構造で挿入感は普通といったところですが、スパイラル構造のゾリゾリ感がなかなか気持ち良い一本と言えるでしょう。

加藤ののかのオナホールで妄想を爆発させよう!

加藤ののかさんは現在役者としてもマルチに活躍されているAV女優さんです。

加藤ののかさんが好きという方はぜひ、こういった加藤ののかさんをモチーフにしたオナホールを普段のオナニーに取り入れてみてはいかがでしょうか。

2021年人気売れ筋おすすめオナホールランキングTOP20
記事を見る
2021年人気売れ筋おすすめオナホールランキングTOP20
記事を見る