オナホール初心者必見!最初の1本としておすすめのオナホ5選

オナホールは、素材や穴の内部構造、大きさ、形状などによって実に様々な種類に分かれています。

オナホールをこれから初めて買うという方にとっては、種類が多すぎて、一体どれを選べば良いか迷ってしまいがちです。

そこで、今回はそんなオナホール初心者の方がまず買う1本目としておすすめの、外れが少ない定番オナホールを10個ご紹介いたします。

最初の1本はどのオナホールを選べば良い?

正直な話、どのオナホールを選べば良いかは、実際に使ってみなければ分かりません。

なぜなら、食べ物の好みと同じように、同じオナホールでも人によっては気持ちよく、人によっては全然気持ちよくない、という風に好みが分かれるためです。

しかし、中にはハンバーグやカレーライスのように使った大多数の人が「気持ち良い」と感じる万人受けするオナホールが存在します。

これを「定番オナホール」と呼びます。

定番オナホールはロングセラーで長年売れ続けているものがほとんどで、買って失敗する確率が非常に低いのが特徴です。

初心者の方はまずはこの定番オナホールを選び、それを基準に「素材の硬さ」や「内部構造」「大きさ」「造形」など自分の好みに合わせたオナホールを開拓していくのがおすすめです。

オナニストけん
僕も初めて買ったのは、後ほど次の項目でも紹介するトイズハート社のセブンティーンボルドーです。ほんとに偶然パッケージの女の子のエロさに惹かれて買ったのですが、今考えてもあの時買ったのがセブンティーンボルドーで良かったなと本当に思います。もし今僕が好きなゆる系オナホールのようなマニアックなジャンルの商品を買ってしまっていたら、ここまでオナホールが好きにならなかったかもしれません。それぐらい最初の1本って大事なんです!

初心者向け!最初におすすめの定番オナホ5選

とりあえずこれまで使った経験の中から、次の10本の中から気になったオナホールを買っておけば、失敗する確率は非常に少ないのではないか、というオナホールをを10個厳選いたしましたので、1つずつご紹介していきます。

セブンティーンボルドー

セブンティーンボルドーは、トイズハート社の誇る定番中の定番オナホールであり、トイズハート社の代名詞的な存在でもあります。

なんと2012年に販売されていながら今なお売れ続けている、超定番オナホールです。

柔らかすぎず、硬すぎず、ちょうどいい硬さでありながら、発泡ウレタン系の素材を使ったふわふわした素材感と、内部のねっとりとペニスに絡みつく素材感が絶妙です。

内部構造はシンプルですが、しきつめられたまだら状のイボが凹凸のある穴をペニスが通るたびにジョリジョリと刺激し、絶妙な締め付け具合も合間って、非常に心地よい快感を得ることができます。

本物の女性器に挿れたような感覚が味わえるリアル系オナホールの定番としても知られている定番中の定番オナホールです。

オナニストけん
実は先日友人にオナホールを買うならどれがいいかを聞かれてこのセブンティーンボルドーを勧めたんですが、後日「これ普通に気持ちよかった!挿れ具合が本物の女性以上だな!」と感動していました。なので、僕は個人的には最初の1本買うのであれば、このセブンティーンボルドー推しです。

ヴァージンループ-螺旋の高み-

ヴァージンループ-螺旋の高み-は、BS放送でやっていた「ダラケ!」というクイズ番組で茅原ジュニアが「女性以上だ!」と言ったことで大ブレイクした話題の1本。

今ではRIDE JAPANの代名詞的な存在の定番オナホールとなっています。

このヴァージンループの素晴らしい点は、内部構造の「クローバー螺旋」です。

内部構造自体は他のオナホールと比べても非常にシンプルで、V字溝の小さなヒダが規則正しく並んだ構造ですが、これが凄まじく気持ちいいんです。

もっとイボやヒダなどで複雑に入り組んだ構造の方が気持ち良さそうに見えると思いますが、実際に使ってみると全然違います。

感動を覚えるレベルです。

正面から穴を見ると四つ葉のクローバーのような穴になっていますが、このクローバーによって生み出された4つの鋭い突起によりV字溝のヒダのジョリジョリ感が2〜3倍になって、非常に気持ち良いんです。

ただ、少し全長が14.5cmと少し短めなので、少しモノが大きい人はこのヴァージンループが長くなった「ヴァージンループエイトロング」がおすすめです。

オナニストけん
これは僕が今でも使っている商品の一つでもあります。もう1年ぐらい使い続けてるのでシリコンが劣化して表面を触るとベトベトくっついてしまうような状態ですが、それでも使い続けてしまう1本です。これもおすすめです。

温泉欲情

温泉欲情はトイズハート社のこれまた定番オナホールです。

パッケージから少しまったりとしたオナホールなのかと思いきや、めちゃくちゃ過激です。

特筆すべきは内部構造の「無次元ボテヒダ」です。

見るからにペニスが刺激されそうな見た目ですが、実際に挿れてみると、このうねった構造の中をかき分けて行くグニョグニョした感覚と、搔きわける際に穴の中に無数に張り巡らされたヒダがジョリジョリ感が合間ってかなり気持ち良いです。

オナニストけん
挿れた瞬間、「これはロングセラーになるわ!」と一瞬で思ってしまった一本です。少し価格が高いですが、全然納得!

まだ名前がありません

「まだ名前がありません」は、大手アダルト通販NLSがトイズハート社とコラボして、オリジナルブランドで世に送り出しているオナホールです。

先ほどご紹介した「セブンティーンボルドー」の前進であり、これまたロングセラーでもあり、内部構造なしでも気持ちいいという伝説的なオナホール「セブンティーン」をベースに作られています。

セブンティーンとは違い内部構造はありますが、セブンティーン同様に少しまったりでありながらもしっかりと刺激が蓄積し、徐々に射精感が高まって行く感覚はお見事としか言いようがありません。

オナニストけん
今はゆるふわ系の素材を使ったまったり系、ゆる系オナホールが主流ですが、当時は素材のまったりさに頼らずないまったり系が主流で、今の素材系のゆる系オナホールよりは高刺激だけれども、本当に女性器に挿れているかのような絶妙なまったりさと刺激がたまらなかったんだよなぁと思い出します。

まだ名前がありませんの販売店はこちら

  1. NLSで詳細と口コミ・レビューを見る

ボクのおなぺっと

ボクのおなぺっとはメイトの代名詞的な定番オナホールです。

このオナホールの最大の武器は、圧倒的なコストパフォーマンスの良さです。

500円台で買える低価格オナホールでありながら、長年売れ続けているオナホールです。

内部構造はV字溝のヒダが規則正しく並んだストレート穴で、非常にシンプルですが、少し柔らか目の素材感と合間って、まったり目の適度なジョリジョリ感がめちゃくちゃ気持ちいいんです。

オナニストけん
オナホールにそれほどお金を出したくないという人にはこれが最初の1本としておすすめです。500円代でこの満足感と気持ち良さが得られるのは本当にすごいと思いました。

ボクのおなぺっと以来たくさんのシリーズ作品が登場していますが、この初代ボクのおなぺっとの構造を引き継いでパワーアップしたのが「ボクのおなぺっとZERO」なので、こちらもおすすめです。

オナニストけん
ボクのおなぺっとZEROはジョリジョリ感と少しゴツゴツした挿入感でまた気持ち良いです。普通こういう後継モデルは評価が得られないことが多いのですが、ボクのおなぺっとZEROは初代同様に高評価を得ています。この点からもいかにこのボクのおなぺっとというオナホールがそもそも優れているのかが分かりますね。

まずは失敗しない定番から挑戦しよう!

今回ご紹介したこの5つのオナホールは、とにかく定番中の定番オナホールなので、とりあえずこの5つの中からどれか1本買っておけば間違いありません。

何を始めるのもそうだと思いますが、まずは何より「定番」からスタートして、徐々に自分の気持ちの良いオナホールにステップアップしていくのが大切です。

強く激しいオナニーが好きなら「温泉欲情」、普通のオナニーや女性器への挿入感が味わいたい人は「セブンティーンボルドー」、もう少し女性器に挿入感を近づけたい場合は「まだ名前がありません」、とにかく安く気持ちよくなりたいという人は「ボクのおなぺっと」がおすすめです!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!