まったり系・ゆる系の定番オナホール!ふわトロめいき

NPGのゲルトモやトイズハートの@15(アットフィフティーン)などの後登場し、一躍ゆる系オナホールの定番としての地位を確立したのが、Kiss me Love(キス・ミー・ラブ)のふわトロめいきです。

このオナホールの最大の特徴はなんと言っても素材の柔らかさです。

同社のおっぱい型オナホール「おっぱいメロン」と同じピュアソフトという素材を使っており、まるでパイズリをされているかのようなふわふわした柔らかい挿入感が味わえるとして、2010年の販売以来も高い人気を誇るオナホールです。

ここでは、そんなゆる系の定番として必ず名前があがる「ふわトロめいき」についてオナニストけんが解説いたします。

オナホール名 ふわトロめいき
メーカー Kiss me Love(キス・ミー・ラブ)
長さ 170mm
重量 374g
素材 ピュアソフト
穴の特徴 穴のない無次元加工。イボが敷き詰められ、さらにそれが湾曲した複雑な構造。先端部分が2又に分かれ、それぞれ挿入方向によって縦ヒダ、イボと違った亀頭刺激が楽しめる異色な構造。
ふわトロめいきの特徴
  • おっぱい型オナホールと同じピュアソフト素材を使った抜群の柔らかさ
  • 油っぽさ、臭い、べとつきなどが少ない

kiss me love(キス・ミー・ラブ)ってどんなメーカー?

「Kiss me love」は株式会社WINSに属しています。

実はこのWINSは、ハーブオイルやアロマキャンドルなど若い女性向けの輸入グッズで商品展開していた会社でした。

ここ数年はアダルトグッズブランドの「Kiss me love(キス・ミー・ラブ)」が好調で、アダルトグッズメーカーとして有名になりました。

OLさん向けのオシャレ雑貨と対象的なオナホール、とても同じ会社の商品とは思えません。

他業種とのコラボレーションも盛んで、同人誌界隈で抜群の知名度を誇る女性漫画家・クリムゾンと「もしかしてお嬢様は淫乱でいらっしゃいますか?」という共同開発商品も販売しています。

時代を先読みする力があるメーカーと言えます。

ふわトロめいきの穴の特徴

ふわトロめいきの穴構造は無次元加工(穴がぽっかり空いているわけではなく穴をかき分けながら挿入していく構造)となっており、ふんわりトロトロとした素材との相性は抜群。

イボが敷き詰められ、かつそれが螺旋状に湾曲したスパイラル構造となっており、先端がヒダが吸い付く穴と、イボが敷き詰められた穴の2つに分かれているのが最大の特徴です。

どちらの穴に入るかによって刺激が変わるため、ペニスを挿入する際、抜く際の刺激の違いが楽しめるオナホールとしては珍しい内部構造の一品です。

無次元加工はリアルな女性器の挿入感を再現する加工

そもそも無次元加工は、リアルな女性器の挿入感を再現する際に使われる加工で、リアルな女性器の挿入感を再現した名器として知られるNPGの「名器の品格」や「極上生腰」などにもこの無次元加工が使われています。

従来のオナホールのように実は女性器は刺激が強くなく、まったりとした挿入感なのが普通です。

そのため、こういったゆる系・まったり系のやわらか素材と無次元加工の相性は抜群で、そういった組み合わせの相性の良さもこのふわトロめいき人気の秘密と言えます。

ふわトロめいきの特徴

ふわトロめいきの最大の特徴はなんと言っても素材の柔らかさです。

挿入するというよりは、柔らかい大きなものに優しく包み込まれていく感覚で、多くのユーザーから高評価を得ています。

なんかもう、とにかく柔らかい。最初はこの柔らかさに慣れてないから刺激がない!って思うかもしれない。そんな時は仰向けに寝て、挿入してから先っぽをもって上下にぽよんぽよん動かそう。バネみたいに跳ねまくる。手でオナホールを掴んでシゴくんじゃない。先っぽだけ掴んで上下に振ることで、結合部がこのふわトロめいきの素材のみによる伸縮のピストンになる。すんげぇぇ気持ちいい。。

引用元:Amazonより

本当にふわふわでトロトロです(笑)本体は結構大きく重さもありますが、中はローション入れるとトロットロで柔らかく包み込まれます。刺激が強いホールが好みなのですが、どうしてもたまに使いたくなります(笑)

入口が少し裂けやすいですが全く気にしていません。

引用元:Amazonより

オナニストけんが使った感想は「まるでパイズリ」です。

パイズリって何が気持ちいいのかというと、敏感になったペニスが柔らかいものに包まれている感覚なんですよね。

ソープや風俗なんかでパイズリされるとめちゃくちゃ気持ちいいんですが、よく考えると、おっぱいってオナホールのようにイボやヒダって何もないんですよね。

でも気持ちいい・・・それに非常によく似た感覚があるなと使っていて感じました。

ここまで柔らかく、挿入感も優しいとイボやヒダがペニスに当たる感覚ってほとんどわからないものですが、その割には刺激を結構感じ、比較的スムーズに射精をすることができました。

そのため、ゆる系・まったり系の中でも刺激は強めだと思います。

そういう意味で言えば、これから長時間オナニーをしようと思っていたり、刺激強めのオナニーに飽きてしまったり、ゆる系・まったり系オナホールを初めて使う人にとってはとてもいいオナホールではないかと思います。

耐久性に少し難有り

ゆる系オナホールの宿命とも言えますが、ふわトロめいきの耐久性に関してはあまり高くないと言えます。

そもそもゆる系オナホール、特に素材が柔らかいオナホールは入口部分が裂けやすかったり、少し耐久性に難があるものです。

買って数回使って避けてしまったなどの口コミやレビューも多く、メンテナンス時や保管時などに注意する必要があります。

使い方が荒い人や、一つのオナホールを長くつかい続けたいという人にはあまりおすすめできません。

しかし、一方で「また購入した!」「これじゃなきゃだめ」などのレビューが多く、その耐久性の悪さを飲んででもこの快感を味わいたいというユーザーもおり、いかにふわトロめいきの気持ち良さがやめられないのかが分かります。

入った瞬間に分かる感動。全てを包みこむ抱擁感。感じる温もり。まさに名器です。オススメ

ただ、一ヶ月も使うと底が貫通し入口の裂けも広くなります。これはこれでありと思いますが、そこを割り切れるかどうかですね。

引用元:Amazonより

入り口部分が若干裂けたりすると思いますが、使用感に影響が出るほどというとそんなことも全くなく

1年間裏返し洗浄しながらでも、そこから裂け目が進行することがありませんでした。

一応予備は購入しましたが、なんだかんだ今でも現役。

引用元:NLSより

貫通型になりました。返品しました。また買いました。やめられないです。

引用元:Amazonより

ふわトロめいきは温めて使うとより気持ちいい

ふわトロめいきだけではなく、ゆる系・まったり系オナホール全般に言えることですが、さらに気持ちよく使うコツとして、オナホールを温めるという方法があります。

女性の膣温は37度程度となっており、温めることでより女性器に入れているかのような錯覚を起こしやすく気持ち良さが倍増します。

オナホールを温める方法は「湯煎」が一般的でしたが、時間がかかりすぎるので、次のようなオナホウォーマーをオナホの穴につっこみ3〜5分程度温めてから使うのが効率的で、時間がかからないのでおすすめです。

関連記事

オナホールを気持ちよく使う一番オーソドックスな方法が「オナホールを温める」もしくは「ローションを温める」という方法です。 女性の膣内温度は約37度程度と平熱より少し熱めです。 オナホールかローションを温める事によって、その温度感[…]

オナホールとローションの温め方と温める際の注意点

ふわトロめいきを実際に温めて使っている人も多く、次のように気持ち良いという口コミ・レビューが多く存在します。

この商品をオナホウォーマーで温めてから使用すると、本当に膣に入れているような感覚になり、気がついたら腰を振っていました。

引用元:NLSより

このオナホに限ったことではありませんが、ぜひ温めて使って下さい。

温めて一番化けたオナホです。

引用元:NLSより

ふわトロめいきはゆる系・まったり系のスタンダード

いまやゆる系・まったり系オナホールと言えば、「ふわトロめいき」と言われるほど、ゆる系・まったり系のスタンダードアイテムとなっています。

これからゆる系・まったり系のオナホールを買おうという方には「これがスタンダード、もしこれが合わないのであれば、ゆる系やまったり系は合わない」という試金石としてぴったりなオナホールと言えるでしょう。

また、ゆる系やまったり系好きという方にもぜひおすすめしたいオナホールです。