ゆる系オナホに革命!一番柔らかいオナホふわあな1mmヴァージン

ふわトロめいきに次いで、ゆる系オナホール業界に「素材」で革命を起こしたのがRIDE JAPAN社のふわあな1mmヴァージンです。

ふわあな1mmヴァージンの最大の特徴は何と言っても、RIDE JAPANが誇る業界トップクラスの柔らかさを誇る「ソフティータッチ素材」が使われている点です。

ソフティータッチ素材の凄さは、業界トップクラスの柔らかさと至極の挿入感だけではありません。

柔らか素材の長年の課題であった「べとつき」「臭い」がほとんどないという事から販売当時大きな話題となりました。

ふわあな1mmヴァージンはこのソフティータッチ素材を世に知らしめたゆる系オナホールであり、今でもゆる系・まったり系ユーザーに高い人気を誇ります。

オナホール名 ふわあな1mmヴァージン
メーカー RIDE JAPAN
長さ 17cm
重量 490g
素材 ソフティタッチ
穴の特徴 イボとヒダが複雑に組み合わさった極細の穴構造。極細の穴が空いているため、肉をかき分けて進む無次元加工ではないが、極細の穴をペニスが進みながら、柔らかな素材がそれに合わせて柔軟に変形していくという挿入感が特徴的。
ふわあな1mmヴァージンの特徴
  • 業界トップクラスの柔らか素材「ソフティータッチ」を使用。包まれるような極上の柔らかい挿入感。
  • わずか1mmの極細穴。
  • 臭いやべとつきがほとんどない使用感
  • ほとんど穴の内部構造を感じないが、しっかり加わる刺激。

ふわあな1mmヴァージンの穴の特徴

ふわあな1mmヴァージンの穴はタイトルにもある通り、1mmの極細です。

穴にはイボやヒダが複雑かつ無作為に入り混じっており、さらにはそれが上下にうねるような構造になっているのが特徴です。

Name
ふわあな1mmヴァージンに使われている素材は業界でもトップクラスに柔らかいこともあって、1mmという極細の穴にペニスを挿入しても、イボやヒダなどのテクスチャーはあまり感じることはできませんが、「なんか気持ちいい!」言葉にできないような気持ち良さのある構造です。RIDE JAPANのソフティータッチシリーズの中では弱いながらも一番刺激のある1本なので、ゆる系初心者にもおすすめです。

ふわあな1mmヴァージンの特徴

ふわあな1mmヴァージンの最大の特徴はソフティータッチを使った業界トップクラスの柔らかさです。

バキューム力こそないものの、480gとハンディオナホールの中でも少し重めで、肉厚もあるので、1mmの極細膣道にペニスを挿入した際の肉厚や、優しくふんわり包み込まれるような感覚がなんとも気持ちいいと高評価を得ています。

外も中もふわふわトロトロで、かなり本物に近い作りだと思います。(個人差はありますが、自分は本物以上の快感でした!)

引用元:NLSより

超ソフトな素材で圧迫感はほとんど感じませんが、無次元加工の極狭穴の包まれ感が素晴らしく、まったりな刺激が徐々にナチュラルな射精感まで導いてくれました。

素材と刺激のバランスが素晴らしいと思います。

引用元:NLSより

また、挿入感や射精能力だけではなく、ゆる系オナホールの宿命とも言える「べたつき」や「油っぽさ」「臭い」などを極限まで抑えているという点も、多くのゆる系ユーザーや業界から高評価を得ているポイントです。

■におい・べたつき

どちらも比較すると抑え目かな、と。

その分こちらのほうが使いやすいです。

引用元:NLSより

一方で、柔らかい素材である上、重量も490gとやや重めなので、手で持ってピストンをしようとすると先がブルンブルンと先が右往左往してしまって動かしづらいという口コミもあり、操作性という点では少し難があるようです。

また、耐久性についても激しく使ってしまうと入口の部分が裂けやすかったり、などゆる系ならではの耐久性の悪さもあるようです。

しかし、そういった動かしにくさや耐久性の悪さを飲み込んでも、気持ちが良いという事から多くの人に支持されてきています。

ふわトロめいきに変わる新たなスタンダードが登場!

ふわあな1mmヴァージンから、すでにRIDE JAPANより、ソフティータッチ素材を使ったゆる系・まったり系のオナホールが9種類も出ています。

その記念すべき第1作目であるこのふわあな1mmヴァージンはふわトロめいきに変わる新しいゆる系オナホールのスタンダードと言えるでしょう。